スポンサーリンク

観葉植物を「ベラボン」で清潔に管理する

ライフハック

観葉植物を飾る時に土を使って植え込みをしますが、

お部屋で土を使うことに抵抗はありませんか?

土がお部屋でこぼれると大変だし、かなり汚れますよね。

雑菌も心配です。そして、土の処分も大変。

そんなデメリットを全て消し去ってしまう「植え込み材」知っていますか?

今回、私が使う植え込み材「ベラボンプレミアム」について紹介したいと思います。

スポンサーリンク

ベラボンプレミアムとは

土のかわりの使える「植え込み剤」

ヤシの実を砕いてチップ状にした「高品質ヤシの実チップ」

「ベラボンプレミアム」「ベラボン」違いは?

ベラボンプレミアムは通常ベラボンにさらに加工を加えられた商品。

厳選された粒のみ使用されており、あく抜きも強化されている。

通常ベラボンに比べて、空気を中に多く含むことができ、

極上の手触りのプレミアム仕様となっています。

ベラボンの特徴

保水性、排水性、通気性に優れている

ベラボンは保水、排水、通気性に優れている。

鉢のなかで、ベラボンが膨張と収縮を繰り返すことで、

隙間ができ通気性が良く根腐れ防止となります。

清潔で手が汚れない

土とは違い、ベラボンは爪にも入りにくく清潔に作業できます。

床にこぼれたとしても、片付けも簡単で、汚れにくいです。

マンションなど外での作業が難しい方には、扱いやすい植え込み材ではないでしょうか。

雑菌も湧きにくく、食卓やキッチンなど清潔に保ちたい場所でも安心。

長く使用でき、可燃ごみとし捨てることができる

ベラボンは5年以上使える長持ちな商品です。

土だと処分に困りますが、ベラボンは可燃ごみとし捨てることができます。

ベラボンを使う際の注意点

透明グラスを使うと根が見えてしまう

透明グラスに植え込むと綺麗に見えますが、

ベラボンは根張りが良い為、グラス面に根が出て見栄えが悪くなります。

根が見え出したら、早めの植え替えで対応しましょう。

鉢が倒れてしまう

ベラボンは超軽量なため、鉢に植えても重量がなく倒れる可能性があります。

人通りが多い場所には注意が必要です。

私の使い方

清潔に保ちたい食卓、キッチンなどで土を使いたくない場所で使っています。

また、我が家にはハンギングの植物がたくさんあり、

ハンギングはなるべく軽くしたいと考えていますので、土に混ぜて使うことも多いです。

透明グラスに植物を植えこむと、見栄え良くオシャレに植物を飾れますよ。

「ベラボン」良い商品です。植物を植える際、試してみてはいかがでしょうか?

ライフハック植物
スポンサーリンク
kitchiをフォローする
プロフィール
この記事を書いた人
kitchi

当ブログ管理人 kitchi

1992年生まれの29歳。
鳥取県在住。22歳で結婚し、現在2児のパパです。
多趣味で飽き性。こだわり強めの管理人ですが、よろしくお願いいたします。
.
プロフィール▼
kitchiについて詳しく

kitchiをフォローする
kitchi BLOG

コメント