スポンサーリンク

「P-TOUCH CUBE」テプラで植物にネームタグ!

ライフハック

オシャレな植物屋さんは、植物にネームタグ付いていますよね。

あれ、カッコいいと思うのは、私だけでしょうか?

観葉植物に園芸タグをつける理由は色々ありますが、私は見た目重視でネームタグを作成しています。

テプラを使うことで、自宅でも簡単に「オシャレな園芸タグ」の作成が可能です。

スポンサーリンク

植物にネームプレートをつける理由は?

名前を忘れない

植物をたくさん育てている方は、植物の名称を忘れることなく管理できる。

特に多肉植物を育てている方は、似た品種が多く存在するのでネームプレートは必須アイテムです。

来客者に「この植物は何?」と聞かれてもすぐに答える事ができます。

愛着がわく

植物1つ1つにネームタグをつける事で、愛着が湧きます。

観葉植物を大切に育てるためにも、園芸タグをつける事は良い事ではないでしょうか。

手をかければ、かける程、愛着が湧くのは間違いないでしょう。

植物に高級感がでる

お店に置いてあるように、植物を飾ることができ、高級感が出ます。

ネームタグをつけるだけで、植物の見栄えを良くできるのは

「園芸タグをつける最大のメリット」ではないでしょうか。

私が使うテプラは「brother」

P-TOUCH CUBE

ピータッチ キューブ PT-P710BT 詳しくは「公式サイト

対応ラベルが「3.5㎜~24㎜」パソコンでもラベルづくりが可能。

Li-ion充電地式、繰り返し使用できる。

オートカット機能搭載など機能が幅広い。

お子さんがいる家庭には、対応ラベル幅が多いのでオススメ!!

価格も安く、おすすめ商品!!

ピータッチ キューブ PT-P300BT 詳しくは「公式サイト

対応ラベルは「3.5㎜~12㎜」

こちらは電池式「単4×6本」オートカットではなく手動式

テプラをあまり使用しない方はこちらでも十分。

シンプルなコードレスデザイン

コンパクトでシンプルなコードレスデザイン。

シンプルだからこそ、どんなお部屋にも馴染みます。

お部屋に置いているだけでインテリアにもなりそうでは?

スマホで簡単にデザイン

スマホのアプリを使い、簡単にラベル作成が可能。

思い立った時に「編集、保存」できる。

私は外出時でも、時間のある時にデザインを作成し

家に帰ってから、印刷したりしています。

見た目はオシャレな観葉植物屋さん

オシャレな観葉植物屋さんでは、ネームタグが付いているお店が多い気がします。

商品管理等で、園芸タグの使用を行っていると思いますが、

商品を良く見せたい気持ちがあり、行っている店舗も少なくないと思います。

テプラを使えば「書体」「文字の色」等で、高級感を出すことも簡単です。

簡単にタグの作成ができ、植物への愛着も増える。見栄えも良くなりいい事だらけですね。

みなさんも試してみてはいかかがですか?

コメント